読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶゴリラを目指すゴリラ

空を飛ぶってなんかイイよな。とりあえずやってみよう。チャレンジってのはそれくらいの温度感で良いんだ。Take It Easy!

ドローンをうまく操縦したいから基礎訓練スタートする

f:id:MaSA_P:20161110173835j:image

どうもこんちゃっす。

 

クアッドコプター…通称ドローンを買ってからネットでドローンについて色々調べているゴリラです。

 

ゴリラが嫌々仕事をしている間に、世界はこんなにワクワクするものを楽しんでいたとは…

 

ドローンに搭載されたカメラから見えるその迫力ある映像は、今までに映画でしかみたことがない。

 

またゴリラの可能性が広がったような気がする。

 

そんな中この前、こんな記事を見つけた。

 

FPVドローンレース練習方法 最短最速で上達するための5ステップ | Catalyst

 

この記事によると、短期間でドローンパイロットに必要な操縦スキルを得るためには、以下のステップで訓練を進めるのがベターとのこと。

 

  1. 基礎訓練
  2. FPVコンピュータシミュレーション
  3. 屋外でのFPV訓練その1
  4. 屋外でのFPV訓練その2
  5. 高速・アクロバティック訓練

 

 ドローンパイロットの訓練が普通のパイロットと同じように育成されるなら、これに座学的な要素も加わるだろう。

 

うまく操縦してみたいと思うのは皆同じ。ゴリラもうまく操縦できるようになりたいと思うわけだ。

 

どんな人も最初は初心者。ゴリラがこれからどこまでいけるか試してみようじゃないか。

 

プライベートパイロットみたいに数十時間で操縦の基本が身につくだろうか…

 

今日外で実際に飛ばしてみた感覚では、ドローンはかなり風の影響が強いってこと。

 

ゴリラが買ったのはホビー用途のドローンで重量200g未満。フルパワーであってもちょっとした風でドローンが流されてしまう。

 

いやはや、いったい何時間かかることやら。

 

[本日の訓練時間] 18m

[訓練時間トータル] 18m

 

おわり まる