読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶゴリラを目指すゴリラ

空を飛ぶってなんかイイよな。とりあえずやってみよう。チャレンジってのはそれくらいの温度感で良いんだ。Take It Easy!

ドローンを飛ばしちゃダメなところ

こんちゃっす。ゴリラです。

 

先日の記事

engine5017.hatenablog.com

でドローンの練習をすると宣言したゴリラですが、早速厄介な問題が出てきた。

 

そう、ドローンを飛ばしたことがある人なら分かるだろう ”練習場所問題” だ。

 

国土交通省ではこんな風にルールを定めている。

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。
 今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

航空:飛行ルールの対象となる機体 - 国土交通省

 

クアッドコプターだけでなく、ラジコン機なども含む重量200g以上の飛行できるものが該当するみたい。人口密集地や空港とその周辺では、該当機を飛ばすことができない。

 

東京や大阪なんかはほぼ全域がこの人口密集地だから、飛ばす場所はほとんどないだろう(全くないわけじゃないが)。

 

ゴリラが練習に使っているドローンは重量約102g。国土交通省で定めるドローンには該当しないわけだけど、どこでも飛ばせるかっていうとそういうわけでもない。

 

空港周辺なんかはもちろんだけど、公園を管理している団体が独自のルールを定めているケースがある。

 

先日ゴリラが練習していた公園では、重量に関わらず ”飛行できるもの” を飛ばすことができないようだ。ゴリラのドローンはどこでも飛ばせるぜ!と練習を開始したゴリラだが、清掃しているオジさんに注意されたので、飛行を中止し、公園の管理事務所に直接電話し聞いてみた。

 

どうやらホビー用途のドローン、ラジコン、全て飛行禁止とのこと。

 

HPにも特に記載がないから、みんなも注意してほしい。

 

例えホビー用のドローンであっても、独自のルールを定めてる場所では飛行できないってこと。

 

国土交通省の定めるドローンが飛行できそうな場所を検索するにはSORAPASSがオヌヌメ

www.sorapass.com

 

手軽にスタートできるってのはある意味メリットだけど、しっかり ”安全を担保した上で" ってのが基本。

 

おわり